IPO株の投資について紹介!

IPO株に対する投資は、従来の株式投資に比べて簡単に行える事が特徴です。
複雑な市場分析や難しい資料の読み込みといった作業を経る事無く、投資家から注目を集めている銘柄の取引ができます。

簡単に好条件で投資できる理由として、まずIPO株の投資の流れが明確である事があります。
IPO株は証券会社が販売スケジュールを公表して購入希望者を募る形であり、公開価格も最初から明記されています。
どの銘柄をいつ購入するか、株価が割高か割安かと悩む必要もありません。
実際の販売は上場の直前に行われますから、他の投資家よりも早く株式を公開価格通りで手に入れられるでしょう。

また、IPO株の初値が高くなりやすいという事も重要です。
IPO株は日本語で新規公開株と表記されるように、証券取引所へ上場していなかった企業の株式が新しく公開される形になります。
証券取引所は投資家に向けて新規公開株があると事前にアピールして販売しますから、投資家に注目されやすい銘柄になりやすい物です。

IPO株の特徴である投資の流れの明確さと初値が高くなりやすい事は、株式投資の初心者にとって大きな意味があります。
株式投資の定石である、割安の株を他の投資家が目を付ける前に購入し、価格が高まった時に売却する事を簡単にできるからです。

これらのように、IPO株の投資は比較的簡単に行えて利益も出しやすい形になっています。
当然の事ながらIPO株は需要が高いもので、証券会社の行う購入希望者の募集には多くの投資家が申し込みます。
全ての投資家にIPO株を販売する事はできませんから、証券会社は抽選を利用して購入する投資家を選ぶのが通例です。

IPO株に投資する際は、抽選という過程をどうやって切り抜けるのかが重要になります。
抽選に使われる方式は何なのか、抽選に当選する確率を高める為にはどうすれば良いのかを把握すると良いでしょう。
事前に対策を済ませておけば、何もしないで抽選に挑むよりも当選確率は高いものになります。

IPO株に当選する倍率は高い?

証券会社はIPO株の購入者を抽選で決めるのが通例です。
倍率の高さはIPO株の注目度によって違いますが、IPO株自体に注目が集まっている現状から抽選は避けられないと見るべきでしょう。
基本的に倍率は高いものと考えるべきであり、対策は十分に行うべきです。
IPO株の倍率が高くなる要素は多くありますが、注目すべきポイントは数点に絞られます。

まず、証券会社の口座数が多い事です。
口座数が多い証券会社には、それだけ多くの投資家が集まっています。
IPO株の販売スケジュールの期日になると申し込みも集中しますので、ライバルが多く倍率も高まるでしょう。
口座数が比較的少ない証券会社の方にも注目して、有望な証券会社の利用を検討しておくと良いでしょう。

IPO株の配分も重要なポイントです。
証券取引所にIPO株が上場する際は、全ての証券会社へ平等に一定数の株が配分される訳ではありません。
主幹事と呼ばれる証券会社に最も多くの配分が行われる仕組みになっています。
この為、主幹事になる機会が多い証券会社の抽選は比較的倍率が低くチャンスがあります。
主幹事になる機会が多い証券会社は事前に調べる事ができるので、口座を開設する参考にしましょう。

投資家自身の工夫もIPO株の倍率を上下するポイントになります。
例えば、1つの証券会社と契約して1つしか口座を持っていないのであれば、当選の見込みは少ないものになるでしょう。
投資家は複数の証券会社と契約して、それぞれに1つずつ口座を開設する事ができます。
複数の口座を開設していく事で、証券会社の募集に応じる回数も増やす事ができるでしょう。
全体で見れば倍率を低くできるので、利益を出す機会も多くなります。