IPOおすすめの証券会社について

IPOに投資を行う際は、証券会社を選ぶ基準としていくつかのポイントを押さえておくと良いでしょう。
適切な証券会社を選ぶ基準として、まず押さえるべきポイントはIPO株の取扱数が多い事です。
全ての証券会社が全てのIPO株を取扱する訳ではないので、できるだけ取扱数の多い証券会社の口座を開設しておく方が有利になるでしょう。

例えば、IPOの主幹事になる事が多い証券会社はおすすめです。
幹事になる場合は他社に比べてIPOの割り当て数が多く、投資家にとっては当選確率をより高めやすい事が有利なポイントです。
IPOの取扱数は事前に調べておいて、有利な証券会社を選んで口座を開設する事が大切です。
また、IPOの取扱数が多い証券会社を複数選んで口座を開設する事で、当選のチャンスをより高めやすくなるでしょう。

また、証券会社の口座数も重要な要素になります。
IPOの数は限りがありますから、開設されている口座数が少ない方がIPOの抽選に参加する方が少なく、当選しやすいでしょう。
IPOの取扱数と合わせて、取扱数が多く口座数が少ない事を基準に証券会社を探していくと適切な選択をしやすくなります。

必ずしも歴史の長い証券会社が有利とは限らず、新興ながらIPOの取扱数が多く口座数が少ないといった有利な証券会社もあります。
IPOへ投資する条件がよく、かつ信頼の置けるパートナーになってくれる証券会社を探す事が重要です。

この他にも、抽選方法にも注目しておきましょう。
当選確率を高めやすい抽選方法を採用している証券会社もおすすめです。
証券会社がポイント制を導入している場合は、IPO株の抽選に挑戦するほど有利になる抽選方法です。
口座に入金している金額や、投資を行った実績に応じて当選しやすいシステムであれば、資産額が多い場合に有利になるでしょう。

もちろん、資産額に関係無く平等な条件で当選者を決める抽選方法を用いる証券会社もあります。
抽選方法は証券会社によって様々ですから、投資条件や投資スタイルにあった有利な抽選方法を採用しているかどうかを前もって確認すると良いでしょう。

最近の人気証券会社を紹介

IPOの投資の際によく選ばれる、人気の高い証券会社がいくつかあります。
いずれもIPO投資に有利な条件を備えている事が特徴で、取扱数が多く利用しやすいのが特徴です。

例えば、SBI証券はIPOの取扱数で国内トップクラスの実績を持っています。
元々の取扱数が多い分だけ、抽選に参加するチャンスが数多くあります。
抽選方法としては口座に入金している資金量が多い方が有利な方法と、ポイントシステムを利用した方法との2通りがあるのが特徴です。

SBI証券のポイントシステムは、IPOの抽選に申し込んだ人のポイントに応じて当選が決まるシステムですから、ポイントを貯めていけばいずれ当選する有利な形となっています。
開設されている口座数が多い事からライバルも多いものの、チャンス自体が多いので当選も狙いやすいでしょう。

IPOの実績がある証券会社として、マネックス証券も人気が高まっています。
取扱数が多めで開設されている口座数も少なく、平等な抽選方法を採用しているのが特徴です。
投資に適切な条件が整っていて資産額によって抽選が左右されない事もあり、投資家に有利な環境が揃っています。
手数料が少ない事もマネックス証券の特徴であり、投資機会が比較的多くても取引しやすいのも魅力の1つです。

主幹事の実績が豊富な大和証券も、人気の高い証券会社の1つです。
大和証券は主幹事になる事例の多さとIPO取扱数自体の多さと相まって、IPO抽選の当選チャンスが多い事が特徴となっています。
抽選方法は資産額で左右される方法と、平等な抽選方法とを合わせて採用しています。
運用できる資産額が多い場合はチャンスがより多くなりますから、より当選しやすくなるでしょう。